×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


武田信玄〜川中島の戦い〜

タイトル
サイトTOP相互リンク集相互リンクの詳細相互リンク申請フォーム

サイト内コンテンツ
信濃平定
川中島の戦い
上洛へへ
問い合わせ
サイトマップ

1553年、善光寺平まで進出した武田方に対し、長尾軍は義清らの救援のため川中島へ出陣し、武田方と衝突した。最初の川中島の戦いである。川中島における武田方と上杉方の戦いは以後5次に渡って断続的に行われる。

越後の上杉謙信に対抗するため、信玄は子の義信の室に義元の娘を迎え、また娘を北条氏康の長男・北条氏政に嫁がせて、後北条氏とも同盟を結ぶ。今川と北条は武田を仲介に同盟を結び、甲相駿三国同盟が成立する。1555年には2度目の川中島の戦いが行われるが、戦果は得られずに今川の仲裁で撤退する。

1561年)には4度目の川中島の戦いが行われる。第4次の戦いは最大のものとなり、両軍の死者はあわせて6000名近くに及ぶ。武田軍は信玄の弟・信繁や諸角虎定、山本勘助などの名だたる武将を失った。


<<BACK NEXT>>

Copyright:(C)THE戦国時代・武田信玄 since2006. All Rights Reserved.
当サイトに掲載されている内容の無断での転載・転用を禁止します。